TOKYO PIN CLUB


 
2017年5月23日(火) ちよだ猫まつり2017
全国に先駆けて「猫の殺処分ゼロ」を実現している千代田区は、2月18~19日に行政とボランティアが共同でチャリティイベント「ちよだ猫まつり」を開催。小池都知事も参加して都民ファーストと共に猫ファーストもスローガンに掲げ2019年までにペット殺処分ゼロを目指す考えを明らかにした。このイベントの収益は、飼い主のいない猫の医療になどに活用されるというが、愛犬家としては猫だけでなくワンコにも同様の愛情を傾けてほしいと思うワン。
2017年5月20日(土) ビッグコミック・オリジナルの発売日
本日ビッグコミック・オリジナルの発売日。
2017年5月13日(土) THE BEATLES / ABBEY ROAD PIN
“世界一有名な横断歩道を歩く4人”
そうロンドンはアビー・ロード・スタジオ前の横断歩道を歩くビートルズの4人をデザインしたアルバム“ABBEY ROAD”のピン。B4友人からの嬉しいプレゼントである。
2017年5月11日(木) 第56回静岡ホビーショー開幕
 
“模型の世界首都へようこそ”をスローガンに今年も静岡ホビーショーがきょう開幕した。模型メーカーなど78社2団体がプラモデル・ラジコン・鉄道模型などを一堂に会しきょうから4日間開催される。今日、明日はマスコミや招待客それに業者商談会で、一般は週末の土日が入場できる。ことしも恒例の大会ピンをGETしてきたが相も変わらぬデザインで、毎年カラーが変わるだけ!館長は意外にこういうピンが好物である。この写真の撮り方も毎年変わり映えがしないな!

2017年5月9日(火) 京成パンダさくらパンダ 10周年記念初のコラボピン

京成電鉄の京成パンダと松坂屋上野店のさくらパンダが登場したのは共に平成19年3月。今年でめでたく10周年を迎え、それを記念して京成パンダとさくらパンダのコラボが実現した。共に上野を起点とする企業同士、当然と言えば当然のコラボであるが、何と今回が初のコラボなのである。もはや全国区となったさくらパンダに比べ、やや知名度に劣る京成パンダであるが、「あまり可愛くないが、好き!」とか「キモカワイイ!」とか京成沿線では何ともいえないインパクトがあり、かなりの人気のようである。

2017年5月7日(日) 連休最終日は近場で!
『連休中、どこにも連れてってもらえない!』と嘆く DUKE & REINA。とうとう連休最終日となってしまったがどこも車は混んでいるだろうからどうしようと悩んでいた。そこで 『そうだ!観覧車に乗りに行こう!』 と、東名富士川サービスエリアにやってきたのだ。
観覧車は富士山の日の2月23日にオープンしたばかり、36あるゴンドラのうち1つだけがペット同伴可!しかもペットは料金無料とあって早速挑戦。問題なく乗り込んだDUKE & REINA であった。REINAは問題なかったが、変な揺れにDUKEはビビりっぱなし。12分の空中散歩はなんとか無事終了し、ご褒美に朝霧牧場ソフトクリームをいただきDUKE & REINA はご機嫌を取り戻したのであった。


 
2017年5月6日(土) THE ROLLING STONES greatest albums in the sixties


1か月前に某ウニを覘いたらあった。MONO・BOXSETを買ったばかりだったから、これはパスしようと思った。29日のポールのコンサートの翌日、覘いたらまだあった。その時『次にまだあったら、お家に連れて行ってあげようかな』と思った。そして昨日覘いたら、『貴方に買われるのを待っていました。』なんて顔をして語りかけられたので、喜んで連れて帰ったのだった。 2008年12月リリースのストーンズの60年代のアルバムCDセット。ビートルズが現役時代だった時のストーンズの歴史を綴るアルバムセットであり、館長はこれ以降のストーンズには全く興味がないので正にドストライクのCDBOXSET。このセットには16枚のCDと1DVDが紙ジャケ仕様で収められている。.
..


更に16枚の日本でのオリジナル帯付きの紙ジャケがおまけに付いている。おまけというよりこれは正にアートワークであろう。この16枚の紙ジャケは、帯と紙ジャケだけでCDはない。ストーンズはSatanic Majestiesの前のアルバムまでは、英国発売と米国発売では同じタイトルでも内容が違っているという厄介なアーティストというか厄介なアルバム。この紙ジャケコレクションでのベストアルバム2枚、BIG HITS1とBIG HITS2は英国仕様の曲目だが、セットのCDはアメリカ仕様なので多少曲目が違うのである。


2017年5月3日(水) THE BEATLES / REVOLVER 50TH ANNIVERSARY EDTION

ポール狂騒曲も終わり、次はSGT.PEPPERS LHCB 50周年なのだが、その前に忘れていたREVOLVER 50周年記念があった。残念ながら公式の記念盤はリリースされなかったが、sgt.レーベルがCD1+DVD2のこんなセットを出してくれていた。遅ればせながら本日入手した。CDは2016年最新リマスター編集によるアルバム全曲に加えPaperback Writer、Rainのセッションやリミックスの音源などが32トラック収録。YELLOW SUBMARINEのイントロカウント・ヴァージョンやTomorrow Never Knowsのモニターミックスや幻の“マトリクス1モノ・ミックス”も収録。ご機嫌な記念盤である。しかもSGTのDXエディションの6分の1以下の価格とあっては買わずにはいられなかった。

2017年5月2日(火) ビッグコミック・オリジナルの発売日
ゴールデンウイークのため本来の日より3日も早い、本日ビッグコミック・オリジナルの発売日。
2017年5月1日(月) The Beatles Fan Club -Japanese Salon第1回ミーティング開催

ポールの日本公演には全国各地からFab4ファン、ポールファンが東京に集まった。そんな中、館長も仲間に入れていただいているサロンのメンバーによる第1回のミーティングが29日水道橋で開催された。日本を代表するビートルズの研究家・執筆家またまたコレクターなどそうそうたる18人が集まった。館長もその末席を汚させていただき、ポール・マッカートニーの熱き思いを語り合ったり、ビートルズ談義を交わしながら楽しい時間を過ごしたのだった。ほとんどの方が初対面であったが、FBでの交流のせいか10年来の友のようで、「やぁ!お久しぶり!」なんて雰囲気であった。